WordPressの抜粋で知っておくべき基本と3つのカスタマイズをご紹介します。このコンテンツを読むだけで、WordPressの抜粋に関して、基本とよく使うカスタマイズをマスターすることができます。興味のあるあなたは5分間だけ時間を割いて、このコンテンツを最後まで見てください! WordPressには「抜粋」という機能があります。この抜粋とは要約文の事で、投稿の内容を省略した短い文章として表示させる事ができます。投稿一覧ページで使う事が多く、よく見かけるのがタイト ②また、抜粋文が表示されない投稿記事は、本文を変更しても表示されません。 なぜ①と②の現象が起こるのかがわかりません。 解決策はありますでしょうか。 3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中) hiroyuki7157 (@hiroyuki7157) 1年、 1ヶ月前. WordPressには、各投稿の抜粋を表示する機能があります。 このサイトのトップページでも利用しています。 抜粋表示機能は、このように投稿を一覧で見せるときに使われることが多いです。 抜粋表示には2通りある 1)本文の先頭からの何文字かを表示する. ①ちなみに、テストサーバー上で新規に記事を投稿すると、抜粋文は表示されます。 ②また、抜粋文が表示されない投稿記事は、本文を変更しても表示されません。 なぜ①と②の現象が起こるのかがわかりません。 解決策はありますでしょうか。 トップページやアーカイブページなどの記事一覧で記事内容の抜粋を表示させるWordPressのテンプレートタグthe_excerptを使用して、表示させる文字数や「続きを読む」などのリンクを表示させるカスタマイズを行います。 知り合いからWordpressのブログでリビジョンが表示されないので見て欲しいと相談がありました。どうせ、表示オプションのチェックを外れているのだろうと思いましたが、表示オプションにありません。初めてのケースです。 WordPressでブログのトップページやカテゴリーページに記事一覧を表示させたり、その記事一覧でタイトルや日付、そして記事本文を抜粋して表示させている場合があると思います。 WordPressのテンプレートタグthe_excerpt()は、投稿の抜粋フィールドに入力がない時は本文から110文字(日本語の場合)を抜粋して抜粋文を表示します。 抜粋フィールドに何か入力がある時のみ表示させ、入力がない時は表示させないようにするコードです。 WordPressで記事本文を抜粋表示する文字数と文末の[…]を変更する方法. WEB制作 2015.11.04 2019.02.27 コネル飯塚. 新着順の投稿一覧や、アーカイブページなんかで、複数の記事を一覧表示した時に、それぞれの記事を抜粋表示にして、ユーザビリティを高める方法をご紹介します。 お使いのテーマが、デフォルトで対応していない場合なんかに役立つのではないでしょうか。 一般的に「抜粋」はトップページやカテゴリーページなどの、記事の一覧に表示されます。 抜粋は投稿記事の編集画面にしか表示されないので、固定ページでは使えない機能だと思われている方も多いと思いますが、実は固定ページでも利用することができます。 WordPressで「抜粋」という機能があるんですが、知っていますか?意外と知らないWordPressの「抜粋」の使い方、「抜粋」を使うことで何が変わるのか?ご紹介します。 WordPressのテンプレートタグにthe_excerpt()というのがあります。これを使用すればトップページに記事の抜粋を表示させることができます。