しかしリピーター機能(wds)対応親機同士であれば、 「パソコン」-「親機」間だけでなく「親機」-「親機」間でも無線通信ができます。 この機能により、通信距離を延長や、電波の届かない死角エリアへの中継を可能にします。

ない場合でも、「wds」で接続したいアクセスポイントのmacアドレスを調べておいて、お互いのmacアドレスを登録するぐらいです。 設定の仕方は、メーカにより若干の違いがあるので確認しておきま … アクセスポイント間通信 リピーターとしても使用可能. 色々な設定があると思いますが教えてください。親機:NEC aterm wr9300n 中継器:Buffalo whr300 です。両者無線LANで接続可能と思われますがどうしてもNETにつながりません。一つ不思議なのはLANケーブルでつながれてる状態ではNETに

wds リピーター機能と併用することはできません。 wds ブリッジで接続できる wlx313 は、親機から見て一段目の子機までです。多段接続はできません。 wds ブリッジで接続をするときは、図のように構成をループ状にしないように設定してください。

ヤマハのネットワーク機器の設定例ページです。WDS(Wireless Distribution System)を使用して、無線通信エリアを広げるための、WLX202の設定をご紹介します。LANケーブルを配線することなく、通信距離を延長したり、電波の届きにくいエリアをカバーしたりできます。 lanの間に壁などがあり、無線通信しにくい場合は、本製品(wds機能有効)を中継点として通信することもできます。