iOS 13.2.3でsafariでブラウジング中に、リンク先をクリックしたら画面が真っ白になって何も表示されなくなる事があります。 コミュニティから色々同じような不具合が発生しているようです。 中でも最も筆者を苦しめたのはSafariの不具合。 ネットサーフィンをしていると突然画面が真っ白になってしまい、閲覧が不可能になってしまうという不具合なんですが、1日に数回は必ず起き、アプリを終了してもすぐに復活するというオマケ付きです。

Apple社の新型モデル「iPhone11ProMax」や「iPadPro」を対象に今秋リリース予定の最新バージョン「iOS13」にアップデート後に「標準アプリ『Safari』にて特定のWebサイト・ページにアクセスした時に読み込みが終わらない!表示されない!」などの対処方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生す

Apple社の最新モデル「MacBookAir(MacBookPro)」や「iMac」を対象にリリース中の最新バージョン「MacOS 10.14 Mojave」を利用している際に「標準ブラウザ『Safari』や『GoogleChrome』にて特定のWebサイトにアクセスした時に画面が白く表示される!何も表示されない! 『Safari』の再インストールで「iTunes Store」真っ白から解放されました! ここで紹介した方法以外にもいろいろと原因があるようです。上記の方法でうまくいかない人はAppleのサポートページを参考にし … ウェブブラウザーはSafariを使っているのですが、いつからのアップデートからなのか分かりませんが、Googleで検索をしたあと、検索結果のリンクをクリック、先のホームページへ移動して、結果一覧ページに戻ると真っ白なページが表示されることが iPhoneを使っていてSafariがないという事態になってしまうと、焦ってしまいますね。この場合には、いくつかの対処法があります。ここではSafariが消えた場合のアイコンの復元方法をご紹介していきます。ぜひチェックしていきましょう。 本記事ではSafariが開かない・起動しない時の対処法を紹介します。iPhoneやMacでSafariが開かない・動かない場合の原因は様々で複数あります。それに対応する複数の対処法があるので、原因を究明して1つずつ対処法を実行していくことが重要です。