苗字と名前の間などのようにスペースを一括で追加していくには、left関数、right関数、len関数を組み合わせて使用するのがおすすめです。 文字と文字の間にスペースを一括で挿入する方法を身につけ、よりエクセルを使用した業務の効率化を図っていきましょう。 久しぶりですが、Excel Tipsの話題です。 Excelでログファイルなどを開いて、見栄えをよくしたり編集したりするためにセルごとに分割したいことってけっこうありますよね。 しかしながら、Exce


氏名が入力されているデータの、スペースの文字位置を検索します。 =find(" ",a1) 関数のパレット(ダイアログボックス)を使う場合は、 エクセルで全角の数字や記号、そしてスペースを半角に変換する方法をお伝えします。中でも、スペースは定まったものなので、その場合は変換の他に置換する方法があります。置換する方法も2つありますので、一つずつ説明します。 使用例. エクセルで半角の 文字と全角の文字が混在するデータはとても困りますね。フリガナのような文字列を全角から半角に、半角から全角に変換したい時、入力し直すのは大変なので、関数で一発変換といきま … trim関数を利用すれば、余分なスペースを削除することができます。さらに、削除されなかった文字間のスペースの広さを全角に統一したければsubstitute関数を、半角に統一したければasc関数を利用すると …
find関数は、文字列が開始位置から何番目にあるか調べてその数値を返します。 姓と名の間にある「スペース」の位置を調べさせて、その位置より前の部分を取り出すようにすれば、姓の文字数に関係なく、氏名から姓を取り出すことができます。 スペースも文字列ですので、前後にダブルクォーテーションを付けてあげます。 =substitute(a2," "," ") これで、すべてのスペースが半角に揃いました。 さて次に、余分なスペースを省くのはtrim関数(分類: 文字列操作)を使用します。 find関数で求めた文字位置は、mid関数の開始位置として、利用することができます。 →mid関数 .