輪、2輪、部品 … 自動車という呼び名は、英語の「Automobile(自動で動くもの)」に由来していますが、ご存知の通り今の自動車はドライバーの操作に頼ることなく動く乗り物ではありません。一方、CASEにおける「A」が示す「Autonomous」は、「自律型」。 自動車新時代戦略会議(第1回)資料 ... 平成30年4月18日. この数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワードが「case(ケース)」だ。頭文字となっている4つの領域の進展によって商品構造、バリューチェーン、ビジネスモデルが非連続的に変化し、… この数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワードが「case(ケース)」だ。頭文字となっている4つの領域の進展によって商品構造、バリューチェーン、ビジネスモデルが非連続的に … 【2018年度】自動車部品メーカーの世界ランキング(売上)について解説します。現在、自動車業界は『case』によって「100年に1度の大変革期」を迎えています。そのため、メーカー同士で合併・買収が頻繁に行われており、ランキングも毎年大きく変動しています。 こちらは、トヨタが引き金、再編に飲み込まれる自動車部品メーカーのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。 三菱電機のemirai s 自動車サプライヤーがmaas(モビリティ・アズ・ア・サービス)やcase(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)領域での取り組みを加速している。10月24日開幕した「東京モーターショー201… 経済産業省.

資料1. 次世代モビリティ業界を象徴するCASE「Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(シェアリング・サービス)、Electric(電動化)」へのシフトを進める自動車業界。自動車の動力や制御、機能などが大きく変化していく新時代に向け、組織再編をはじめとした経営改革 … トヨタ企業サイト「case」をご紹介します。100年に一度の大変革の時代。トヨタは「モビリティカンパニー」にモデルチェンジしていきます。「未来のモビリティ社会」の実現を目指しながら、これまで以上に「愛車」にこだわり続け、「もっといいクルマ」をお届けしていきます。 ツナガル・自動化・利活用・電動化(いわゆるcase)の潮流が産業構造を大きく変革。 ... 参考:「自動車」には、 4. 自動車業界は今、100年に一度の大変革期にある。連載の初回となる今回は、「case」と呼ばれる技術トレンドの変化による部品産業への影響と、日本の部品産業の現状の競争力を俯瞰(ふかん)する。その上で、勝ち残りに向けた方向性を整理する。