推薦入試では一部ao入試を除いて、 一般入試の方が同じ学部でも 2〜3倍程度倍率が高い という結果になりました。 ao入試は他の推薦入試と異なり、 評定基準がないため、受験障壁が低く、 人気の大学・学部であれば 志願者が集中 高1です。最近学校の宿題などで大学のことを調べる機会があったのですが、そこで国公立大学でもAOがあると知りました。ただ、入試時期などあまりよくわかりませんでした。そこで実際に国公立大学のAOを受験した方に伺いたいのですが、私立のAOとあまり変わらないのでしょうか? また、AO入試には一部の大学を除いて高校の評定平均も関係ないのです。 ちょっと部活だけを頑張りすぎちゃったなという子でもどうしても苦手な科目があったという子でも、提出する書類や面接やプレゼンさえしっかり頑張れば、十分合格できるよう … AO入試を利用すると、一半入試ではとても入れないような難関大学に合格するチャンスが増えることもあります。一般入試も難しいですが、AO入試も難しいです。難しさの種類が違うと思うので、少なくともAO入試ならば楽に入れるとは思わない方が良いでしょう。 入試へ向けて親ができるサポート ここまでAO入試の評定と合否のポイントについて解説してきましたが、親ができるサポートはないのでしょうか? AO入試は子ども自身の自主性が求められるので、これまでの学力重視型試験とは違い「勉強しなさい」という働きかけよりも大切なことがあります。 今回はao入試と評定平均の関係についての内容をまとめました。そもそも評定平均とは何か?入試に使われる評定平均の ... AO入試に評定は関係あるのか? 今回は大学に入るなら指定校推薦か、公募推薦か、AOか、一般入試か…教員からの意見として書いていこうと思います。推薦入試受験者の多い私立高校教員ならではの意見を書いていきますね。大学入試の種類は大きく分けて4種類指定校推薦入試なぜか保護者も生 AO入試で落ちる人の特徴その2:評定が足りていない AO入試を受験する際、高校の評定が必要です。AO入試なので学力は一切関係ないと思っている人がたまにいますが、この評定平均値が求められるので、ぜひ覚えておきましょう。