就職の依頼等(他の隊員についての就職の依頼等の規制を適用しない隊員を定 める訓令(平成27年防衛省訓令第35号。以下「就職援護隊員を定める訓令」 という。)第2条第1項第4号に規定する就職の依頼等をいう。以下同じ。)は (参考17)就職援護状況 23 (参考18)退職自衛官業種別就職状況 24 (参考19)自衛隊員の再就職承認制度 25 (参考20)過去5年間の再就職の承認状況 25 (参考21)隊員の再就職者の多い企業(過去5年間の大臣承認数上位 20社) 26 自衛隊援護協会は、防衛省・自衛隊と協力して厚生労働省及び国土交通省の認可を受け無料職業紹介事業を運営しております。従いまして自衛隊援護協会は、無料で求人を受理し、その情報は全国の自衛隊駐屯地・基地で閲覧できます。 顧問 h26.7.1 承認 12 木村 一夫 60 沖縄防衛局総務部長 h26.3.31 一般財団法人防衛施設協会 参事 h26.6.1 不要 13 諸井 隆慶 60 沖縄防衛局総務部付〔独 立行政法人駐留軍等労 働者労務管理機構沖縄 支部長〕 h26.3.31 防衛省職員生活協同組合 参事 h26.4.1 不要 防衛監察本部は既に、退職した陸自の将官級100人以上の再就職について調査を開始。組織的にあっせんしていた可能性があり、防衛省は処分を検討している。 旧防衛庁時代には天下り先確保のために業者と癒着し、刑事事件に発展したケースもあった。 防衛省本省における保有個人情報の開示、訂正及び利用停止の審査基準について(通知) 平成17年03月31日: 通達等: 防衛省本省における自衛隊員倫理法第6条第1項及び国家公務員倫理法第6条第1項に規定する贈与等報告書の閲覧要領について(通達) 防衛省が公表している再就職先の資料を分析し、受注業者側にも直接取材した。 その結果、14年1月から15… この記事は 有料会員記事 です。 再就職者による依頼等の承認申請書 再就職等監視委員会委員長(再就職等監察官)殿 自衛隊法(昭和29年法律第165号)第65条の4第5項第6号の規定に基づき、下記のとおり承認を申請 します。 この申請書の記載事項は、事実に相違ありません。 防衛省本省における保有個人情報の開示、訂正及び利用停止の審査基準について(通知) 平成17年03月31日: 通達等: 防衛省本省における自衛隊員倫理法第6条第1項及び国家公務員倫理法第6条第1項に規定する贈与等報告書の閲覧要領について(通達) 就職の依頼等(他の隊員についての就職の依頼等の規制を適用しない隊員を定 める訓令(平成27年防衛省訓令第35号。以下「就職援護隊員を定める訓令」 という。)第2条第1項第4号に規定する就職の依頼等をいう。以下同じ。)は