私たちが生活している中で、よくその体積や重さの関係を知りたいことがあるでしょう。例えば、私たちが毎日のようにご飯を食べる際にお米を炊くわけですが「お米5キロ(5kg)が何合なのか?」「お米10キロ(10kg)が何合なのか?」「お米180gが 炊いたごはんで2キロって何合分炊くと2キロになるのでしょうか?大雑把にいえば大体重量が倍になるので1kg(7合弱)炊けば2kgになるでしょう。もちろん、堅めか柔らかめかで違いますが・・・。 日本人の主食なるのは米です。 その米1合は何gなのか、お茶碗1杯のご飯は何gなのか聞かれると、意外と答えられる方は少ないのではないでしょうか。 米やご飯の重さを知ることで、どのくらいの米を購入したら良いのか、何合の米を炊いたら良いのかを計算することができます。 米10kgは何日分で何合分あるのでしょうか? 一人暮らしや家族と同居の場合に関してそれぞれ紹介します。 日本の主食と言えば米ですよね。 おかずが無くても白飯があれば満足という人もいるほど、お米は日本人には無くてはならない食べ物であるかと思います。 米俵は1俵、2俵と数えます。この1俵は重さが何キロあるかご存じですか?米を数える単位として、現在はあまり使われなくなった1俵、2俵という単位ですが、この1俵を別の単位に換算するとどうなるでしょう?何合、何升など単位や重さについても紹介します。 以前、お米1kg は何杯分になり、1杯あたりいくらになるかを計算しました。あれから半年が過ぎ、今回、お米10kg を買ったので再度、計算してみました。

ミニマリスト13年目。事故物件7軒目。寝袋生活7年目。ダンボール2箱の持ち物で大阪に定住中。2019年の生活費は月4万円台。

私の実家は兼業農家で畑と田んぼを持っています。幼い頃から農業の手伝いをし、大人になってからも毎年ゴールデンウィークは帰省して田植えの手伝いをしていました。 そんな私たち家族が先日集まった時、姉が「米1キロって何合分になるの?」という質問をしてきました。 米は、毎日の食卓に欠かせないものだ。朝昼晩のごはんや弁当用にと、何かと米を炊くシーンがある。そんな米だが、買うときは何キロ、炊くときは何合とそれぞれ単位が変わる。「米1kgは一体何合になるのか?」、「米1合は何人前なのか?」などと疑問に思うことはないだろうか。 1合とは180mlのことですので、一般的な計量カップ(200ml)を使用することにより、1合の精白米ができることになります。 多少の誤差は出ますが、問題のないレベルです。 ある程度は、まとめて精米するのも悪くありません。 スーパーには基本10Kg、5Kg、2Kgの米が売っている。 一人暮らしを始めたばかりの人は米を何キロずつ買っていいか、戸惑うと思う。 この記事では、一人暮らしの人が米を買うときのキロ数の目安として、米の保存期間の目安や一人暮らしのお米の消費量の目安を解説する。

タイトルどおりです。10kgのお米で、お茶碗、約何杯分(お茶碗一杯は200gとして)のご飯が作れるのでしょうか?米は炊飯すると 重量比約2,2倍になります。よって、10Kgの米は炊きあがり22Kg(22000g)ですからお茶碗に約1