無理な右折が原因となった疑いが強まる5月8日に発生した滋賀県大津市の事故。車が保育園児らの列に突っ込み園児2人が亡くなった。Live News it!ではこのような右折車と直進車がぶつかる事故について防ぐ方法はないのか考えてみた。例えば、交通信号が赤に変わった後に出る右矢印の青信号。 青信号で横断歩道等を横断した後に右折する場合も同様に、右折後に、右折先に信号機(赤信号)に対面することとなるが、やはりこの信号機には従わずにそのまま道路を進行しても良い。 右折後、赤信号に対面するが、そのまま進行可
青で進入して、渡りきる前に交差点内で全赤信号になると、右折先の信号が青になるまで待ってから進んでいます。(二段階右折モドキ?、車は普通免許が必要なものに乗っています)赤信号の右矢印で交差点に進入後、正面も右折先も赤になり、 右折分離信号では←↑の時に同時に赤(または青信号の箇所にある赤信号)が点灯するものがある。 上記にもあるように、以前は例1のタイプの表示が主流だったが、交通事故などの問題のため、2000年代からは例2や例3のタイプが使われている。

右折車線のある信号が先に青になり、対向車線は赤のままという方式。先に右折車を通してから、対向車線が青信号になります。その際、対向車線に左折専用車線がある場合には、左折のみ矢印が表示される方式も存在します。 その③:右折車分離式 信号機のある交差点にて、右折可の青矢印で右折した車と、赤信号で交差点を直進したバイクが衝突してしまいました。 【過失割合】 a(直進のバイク):b(右折の車)=100:0 【解説】 (赤信号と同じ) 車や路面電車は、停止位置から先に進んではいけません。しかし、信号が黄色に変わったときに停止位置に近づいていて、安全に停止することができない場合は、そのまま 進むことができます。 赤信号 歩行者は、横断してはいけません。 大きな交差点で右折した直後に信号があり、それが「赤」を示していた場合、停まるべきか進むべきか、迷うことがあるかもしれません。 一般的にはこのような場合、信号に従って停まる必要はありません。 右折した先が赤なのはあなたが右折するときに右から車が直進してこないということであって 実は当たり前なわけです。 あなたは右折する前の信号に従えばいいわけ。 そこで止まるとププーってやられます。あるいは事故る。
信号機の青色の矢印主に信号機における補助的な役割を担っていて、本信号が「黄色」や「赤色」の場合であっても、点灯している矢印の方向に進めることを意味する本信号の「青信号」が一度も点灯されずに、矢印の表示のみで判断しなければならない信号機もある 赤信号であるものの、青の矢印信号が全方向点灯しているというケースがあります。青信号にしてもよさそうですが、なぜこのような表示がなされるのでしょうか。 【事例2】交差点における、赤信号を直進したバイクと右折の車の事故. ですが、右折してそのまま直進した場合、対面する信号は赤になります。 二段階右折しかしてはいけないところでは、小回り右折ができないので、信号無視として扱われてしまいます。 同じ場所では、重い方でしか検挙できないため、