韓国・現代自動車(Hyundai Motor)は2019年11月11日、新しいノイズ低減技術「RANC(Road-noise Active Noise Control)」を開発したと発表した。既存のノイズキャンセル技術である「アクティブ・ノイズ・コントロール(ANC)」を基に、低減できるノイズの種類を拡大し、静音性の向上を図ったもの。 横浜ゴムが「オールシーズンタイヤ」を2020年1月に発売!オールシーズンタイヤって何!?スタッドレスとの違いなどを含めて、新製品の特徴を解説いたします。 パターンノイズやロードノイズを低減した設計で、リムガードも設定されていて乗り心地も追求したクラウンのような高級車にふさわしいタイヤです。 ウェット性能が高く雨風の強い日でもクラウンが安定する低燃費タイヤ. ロードノイズの大きさはほぼ路面状況に左右されると言っても過言ではありません。 ロードノイズの侵入経路. まずはロードノイズの発生源であるタイヤに問題がないか確認してみましょう。現在使用しているものの素材や構造などが原因でノイズが発生している場合、よりゴムの材質が柔らかいタイヤなどに交換するとノイズを低減できるかもしれません。 アジアンタイヤ【メイラン MR500】装着後 以前のブログで、タイヤをアジアンタイヤへ交換しました。最初は、こんな程度かなと思っていましたが、首都高を走った時にすごいロードノイズを感じました。やはり、荒い路面+高速走行では、かなりのロードノイズが発生してしまうみたいです。 YOKOHAMA BluEarth-A 225/45R18 91W ロードノイズがタイヤで発生するのは分かって頂けたと思いますが、でも私たちはタイヤに耳を近づけているわけではありませんよね。