新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-boxer」搭載の「アドバンス」。

5代目新型フォレスターがデビューをしましたが、ガソリンタンク容量はどれくらいだったのでしょうか?また、航続可能距離は、どのくらいだったのでしょうか?この新型フォレスターのガソリンタンク容量と航続可能距離を確認してきたので紹介します。 フォレスターの実際の燃費が予測できたので、、これをガソリン代に換算するとどれくらいになるのか計算してみました。 通勤で使うことを前提として・・・ 平日1日40km×20日=800km; 休日1日5km×8日=40km; とし、1ヶ月の走行距離を合計840kmで計算。 スバルのコンパクトSUV、XVは1.6ℓ、2.0ℓの水平対向エンジン、そして2.0ℓ水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」モデルをラインアップする。550km走って、スバルXV e-BOXERの価値を考えてみる。 TEXT & PHOTO 鈴木慎一(SUZUKi Shin-ichi) 世界的なsuv人気もあって、魅力的なsuvが次々と登場する。最新モデルと言えば、スバル・フォレスター、三菱エクリプスクロスなどがすぐに思い浮かぶ。マツダcx-5も人気だ。小さすぎない、大きすぎないサイズのsuv。モデルによってどんな特徴があるのだろうか? このページでは新型フォレスターの燃費について取り上げているページになります。 スバルが発表している公式カタログjc08モード燃費と、実際の走行した時の実際の燃費(実燃費)を現フォレスターユーザーの声による本音で暴露したいと思います。