Google Apps Scriptでは配列操作が非常に重要です。実行速度が6分を超えてエラーとしないテクニックとして、スプレッドシートへのレコード追加を配列へのpushメソッドで処理する方法をお伝えします。 が、追加したい場所の上または下で、追加したい行数分だけ選択してからポップアップメニューを開くと一気に追加できるということを知りました。追加されるのは空の行なので、選択する内容は関係なくて、選択した行数だけが意味を持ちます。 Googleスプレッドシートでシート全体の行数や列数を追加したり、逆に減らしたりする操作についてです。 シートの一番下に移動すると現れる入力欄を使って行を追加することができます。 通常の行(列)の挿入(削除)の操作に伴いシート全体の行数・列数も増減します。 gas開発者向けにスプレッドシートの行列セル挿入削除機能をすべてまとめました。簡単に手っ取り早く、行、列、セルに挿入したり、削除したりできるといろいろ融通が利きます。複数行をまとめて別の列にコピー、そんな操作は日常茶飯事ですね。gasの挿入 Googleスプレッドシートのワークブックの最大行数 Googleスプレッドシートのワークブックの最大行数はどこまでいけるのか?を検証してみました。 ということで、試しに1,000,000行の追加を試みてみます。 はい、・・・いきなり答えが出ました。 スプレッドシートのショートカットキーの中で行の挿入(追加)・削除と列の挿入(追加)・削除のやり方についてまとめました。Excelとはやり方が少し違うので、その違いも含めて解説しています。 Google スプレッドシートでは一行ずつしか挿入できない?通常Googleスプレッドシートでは一行選択して「挿入」を押すと「上に一行」「下に一行」を選択できるようになります。でもこの場合、一行しか追加できないので不便です。ショートカットも