Photoshop CC 2015から画像アセット機能が追加され、デザイン上の画像の書き出しが便利になりました。今までは書き出す画像または書き出す部分に対してスライスを切って画像を書き出すという流れでしたが、これからはその手間が省けます。ここではPhotoshopの画像アセットでの画像書き出し方法をご紹介します。 知識が0の状態からコーダーになるなら、どういう風に勉強していくか. 画像アセットの生成 → 書き出し たいレイヤーの名前を拡張子を指定して変更→ファイルメニュー内にある画像アセットを選択 今後もデザインツールを使っていく中で重要だと感じた部分やよく使っているなあと感じた機能や操作については随時まとめていきたいと思います! 関連記事. さて、ここからが本題ですが、画像アセットを使用した場合、書き出し先は現在作業しているファイルと同じフォルダ内に「作業ファイル名-assets」というフォルダを生成してその中に格納されます。 アセットの書き出しメニューの形式の選択 ↓ PNGやJPGなどオプションを変更したい拡張子を選択 ↓ オプションのアンチエイリアスをなしからアートに最適(スーパーサンプリング)を選択. 画像アセットの書き出し先.

その中で一部アセット書き出しでオペレーションの変更があったようです。 複数のオブジェクトを1つの画像でアセット書き出しする場合.